子連れ温泉旅行記(島原・雲仙)旅行計画

雲仙

4月の中旬、今年のゴールデンウィーク(以下、GW)はどこに行こうかな〜?何にも予定立ててないな〜などと思いながらテレビを見ていると、「GWにまだ間に合う! 9,800円の温泉宿 限定100部屋早いもの勝ち!」という特集が放送されていました。

温泉に行きたい!

気持ち良さそうな温泉、美味しそうな料理…その特集を見ているうちに「温泉に行きたい!」という気持ちでいっぱいになってしまい、番組で案内された電話番号に電話するも通じることはなく、撃沈。しかし、温泉への思いを断ち切ることが出来ず、GWに行くことを決意。その日から宿探しが始まりました。

行き先は雲仙に決定!

行き先は夫の実家が長崎市内にあるので、帰省時に寄ることができる雲仙に決めました。雲仙といえば「雲仙宮崎旅館」が有名らしいと聞いたことがあったので、楽天トラベルで空室を調べてみるものの、GW期間は全て満室。ならば、いつものように1泊朝食付きで安いところはないかしら?と探してみると、GWに空室があるお宿が数件ありました。でもここで、夕食を外で食べるにも雲仙にいいお店はあるのかしら?と考え、どうせなら夕食付きで温泉が素敵なお宿に泊まろうと思い直しました。

楽天トラベルで1泊1万円以内のお宿を調べていると、最初に気になったのがこのホテル。夕食は会席料理、温泉に朝食付きで一人1万円以内。口コミはどうかしら?と覗いてみると、何だかあまりいい印象がしません。

難航するお宿選び

結局1泊1万円以内という条件では、これ!と思えるお宿には巡りあえず(それが当たり前なのかしら?)、ちょっと料金が高めのお宿も検討に入れることにしました。しかし、そういったお宿はほとんど満室。やっぱり高い分だけあって、いいお宿は先に埋まっていくのでしょうね。

そんな中、「雲仙温泉 九州ホテル」に目が留まりました。口コミを見てみると、悪い印象はありませんが、評価件数が少なすぎます。しかし、立地は雲仙地獄の隣り、HPを覗いてみると、露天風呂もいい感じです。でも気になるのはやっぱりサービス。楽天トラベルで口コミ件数が少ない場合は、私はいつもじゃらんの口コミも参考にしています。早速じゃらんで調べてみると…なかなか良さそうではありませんか!

宿泊先決定

雲仙温泉 九州ホテル
◆絶景!地獄谷の上にたつホテル◆洗練された料理が人気!


2006年8月、46の客室がリニューアルオープン!各種プレミアルームをはじめ、プライベート露天風呂付きの特別室も新設。雲仙でしか味わうことのできない上質な時間が楽しめる。

旅行プラン

宿泊先が決まったら、次は旅行プラン。でもこれが結構大変なんですよね。まずは行きたいところ(ネットで情報収集)を書き出して、それをルート順、日別にして、住所、連絡先、コメントを添えて書き直していきます。

5/1(火)
ドライブイン島原かまぼこセンター → 姫松屋本店(具雑煮) → 島原城 → 鯉の泳ぐまち → しまばら水屋敷 → 道の駅みずなし本陣 → 雲仙温泉 九州ホテル

5/2(水)
仁田峠(周遊バスを利用) → 雲仙地獄 → 足湯広場 → 松坂屋湯せんぺい店 → 駄菓子屋さん博物館 → 小浜 → 仁田峠 → 千々石観光センター(じゃがちゃん・ソーラーカーだん吉の立ち寄り場所)

2日目昼食候補
.譽好肇薀鷯松(地元で評判のお店)
∀司識卉祺伊榲后覆蹐べえ・サツマイモの麺)

はたして今回の雲仙への子連れ温泉旅行はプラン通りに旅行することができるのか?その結果は旅行記を読んで下さいね♪

このページの上へ このページの上へ